コンサルティング

基本スタンス

経営者にとって事業承継は、自身の“仕事人生の日々”の総仕上げです。
自分がいなくても、健全経営と成長が続くように
ビジネスの未来を計り、後継者を育てる、とても創造的な仕事です。

いつか必ず訪れる社長交代という重大事態に備えて、
事業の存続発展のための経営課題や、
社長個人と同族関係者の人生や株式等の財産にかかわる重く繊細な課題に、
同時に取り組まなければなりません。
また、事業承継の手段のひとつであるM&Aにおいても、
売り手企業の事業の存続と買い手企業の成長戦略等に適うものとならなければなりません。

私たちは、常に人間的側面と、経営財務、税務法務などの
合理的側面の両面から総合的に事業承継を支援します。

事業承継コンサルティングの概要

事業承継は三つの手段に分けることができます。

【社内承継】

長く経営者と
苦労を共にした
生え抜きの役員などに
経営を委ねる

詳しく見る

【親族内承継】

子息子女の血族や
縁戚の中から
後継者を見出し
経営を委ねる

詳しく見る

【M&A】
による承継

他社に
経営支配権を引き渡し
事業の成長発展を委ねる

詳しく見る

いずれも、経営者の有限の命を超えて
事業を未来に承け継ぐという目的において同じです。